検索
Site Menu
/themes/pop06/nabi/nabi.gif
日本透湿防水シート協会
  
会員企業
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
透湿防水シートとは




住宅の耐久性向上を目的に、壁体内の湿気等の水分を排出させる「通気工法」が一般化しています。「通気工法」は透湿防水シートと外壁仕上げ材との間に胴縁などを用いて通気層を設ける工法です。

室内で発生した水蒸気など湿気を含んだ空気が万一壁体内に入り込んだ場合、湿気は透湿性のある透湿防水シートから通気層を通じて屋外に排出され壁体内結露の発生を防止します。
また、外壁仕上げ材の接合部等から浸入した雨水が壁体内に入り込むことを防ぎ、速やかに排出します。

 
               図1.通気工法イメージ図
| 閲覧数 (10567)