検索
Site Menu
/themes/pop06/nabi/nabi.gif
日本透湿防水シート協会
  
会員企業
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
日本透湿防水シート協会とは




近年、ウレタン等現場発泡断熱材が透湿防水シートに直接吹き付けられ、外壁材裏面と透湿シートの間で通気経路が遮断されるケースが見られる様になりました。

透湿防水シート裏面に直接現場発泡断熱材を吹き付けされますと、透湿防水シートの性能・品質に影響を及ぼす恐れや、外壁通気構法の通気層を阻害する恐れがありますので、面材等を使用して、直接吹付けないようにして下さい。
(下記の望ましい施工例を参照願います。)

現場発泡断熱材の直吹き工法を採用ご検討の工務店様・ビルダー様におかれましては「当該断熱材メーカー」ならびに「当該工事店」に直吹き施工の採用可否、及び施工方法の妥当性について、充分ご確認下さい。






| 閲覧数 (14424)
 表題の件、従来は、防蟻・防腐剤が十分に揮発した構造材を使用する限り、透湿防水シートへの影響はほとんど無いものと考えられておりましたが、昨今、構造材のみならず通気胴縁に対しても防蟻・防腐処理されるケースが増加しており、雨水に晒され溶け出した防蟻・防腐剤が透湿防水シートの防水性を低下させるリスクが高まってきております。

防蟻・防腐処理されている胴縁を使用する場合、
施工中雨水で濡らさぬよう、胴縁施工後は外装材を速やかに施工するなど、十分にご注意頂きたく、お願い申し上げます。    

                              
                       記

【対象製品】
日本透湿防水シート協会会員が販売する
住宅用建材 透湿防水シート (JIS A 6111:2004) すべて



ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。
| 閲覧数 (13878)
本会は会員相互の連携協力により、高品質の透湿防水シートの需要拡大を図り、もって、わが国産業の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。
| 閲覧数 (2509)
(1) 透湿防水シートを使用した通気工法の普及および推進。

(2) 透湿防水シートのJISに反映する規格の継続的な検討及び管理。

(3) 透湿防水シートの施工方法の開発及びJISに適合した透湿防水シートの普及。

(4) 透湿防水シートの生産、流通及び需要に関する調査並びに研究。

その他、本協会の目的を達成するために必要な事業。
| 閲覧数 (2335)
平成5年 3月  透湿防水シートのJIS制定に向けて透湿防水シート懇話会として発足

平成8年 2月  透湿防水シートJISA6111(1996)制定に参画
          透湿防水シート懇話会規約を制定

平成9年 5月  一部規約改定

平成16年3月 透湿防水シートJISA6111(2004)制定に参画

平成16年10月 日本透湿防水シート協会に名称変更
           (社)日本建材産業協会の賛助会員として入会

平成16年12月 日本透湿防水シート協会の新規規約を制定
| 閲覧数 (2514)




※年間着工棟数は国土交通省 建築着工統計調査報告、及び日本建築材料協会 
住宅着工統計より抜粋
| 閲覧数 (2525)
新規に入会をご希望される方は、下記までお問い合わせください。


セーレン株式会社
環境・生活資材部門 ハウジング資材販売部
杉田賢造

〒107-0062
東京都港区南青山1丁目1−1
新青山ビル東館17F
TEL 03-5411-3401


| 閲覧数 (4449)
◆ 個人情報の開示について

日本透湿防水シート協会コンテンツ(以下本コンテンツ)の運営主体である日本透湿防水シート協会本部は、御本人の了解なく、メンバーの個人情報を開示することはいたしません。
ただし、以下のような場合は、個人の情報を開示する場合があります。

◎メンバーが希望する資料を送付する場合

本コンテンツでメンバーの方が、他の会員に資料請求などを申し込む、または請求した場合は、御本人の了解とみなして、その対象となる企業に情報を開示します。

◎法的な請求を受けた場合

裁判所・検察庁・警察・弁護士会・消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、ユーザーからの提供情報およびID登録内容、登録プロフィールについての開示を求められた場合、日本透湿防水シート協会はこれに応じて情報を開示することがあります。
また日本透湿防水シート協会が、本コンテンツ内で会員が提供した文章・画像などで、他の会員、または第三者に不利益を及ぼすと判断した場合、その文章・画像を了承を得ることなく削除し、個人情報を当該第三者や警察または関連諸機関に通知することができます。
| 閲覧数 (1962)